blogtop

TAVATABITO BLOG

フィンランドで出会ったおじいさんとの思い出話


エッセイ

この夏、久しぶりにフィンランドへ行く予定だ。
そろそろ、向こうで会う人にお土産を考えている。
今までも色々なものを持っていたが、24年前の思い出されるエピソードをひとつ。
当時の私は渡芬時に5円玉をかき集めて持っていた。
穴の開いたコインというのは世界的にも珍しいと聞いたのだ。

旅先では予期せぬ出会いがある。
思いがけず親切にしてもらったり、助けてもらったり、
そういう方にサッと渡せる気軽なお土産(あるいはお礼)として用意した。

そのおじいさん二人と出会ったのは教会の隣のカフェだった。
田舎からわざわざ教会に来たという信心深いおじいさんたちと、
ただ席が隣になったという偶然だけでコーヒー片手におしゃべりが始まった。
(と言ってもおじいさんたちは英語が話せず、ファミリーが間に入ってくれた)

彼らは、日本という未知の国に興味を持ってくれ、質問もたくさんしてくれた。
会話が弾んで、楽しい時間を共有できたので、私は記念にと5円玉を差し出した。
もちろん「このコインには、“ご縁がありますように”という意味もあるのだよ」と、
添えて。
私にとっては気軽なモノだ。見慣れたアイテムだし、はっきり言って価値も5円だ。
それ以上でもそれ以下でもない。
しかし、2人ともこちらが恐縮するくらい、深く感謝の意を表現してくれて、
「じゃ、わたしたちも」とフィンランドマルッカ(ユーロになる前のフィンランドの通貨)をくれたのだ。

私は恐縮した。だってそれは500円相当だったから。
5円を500円と交換。海老で鯛を釣るとは、このことか!!!
辞退をしようかと考えたけれど、結局私はおじいさんたちのご厚意を素直に受け取ることにした。
それはお互いにコインは記号でしかなく、
一緒に話した時間こそがプライスレスだと分かっていたからだ。
ほんのひとときの心の通い合いだったけど、私にとっては忘れられないエピソードだ。

おじいさんたちはその後5円玉をどうしたかな。
そんな想像をするのも楽しい。
この夏もそんな思い出が増えるかな……と5円玉を集めてみるが、24年も経つとキャッシュレス化で思うようにいかない(笑)


イラスト担当megu.megoより一言<megu.mego>
自宅ネイルサロンをやってます。
北欧テイストも得意なので、ぜひインスタフォローしてください。


【フィンランドについて不定期に発信中!!】

「フィンランド好きな方・行ってみたい方」、「フィンランド料理・モルックに興味がある方」、「こども料理教室」についても更新していきます!宜しければ、お付き合いくださいませ。