blogtop

TAVATABITO BLOG

フィンランド人にされたドキッとする質問


エッセイ

ホームステイをしていた時に、フィンランド人からあれこれ質問をされた。
笑えるものや、勉強になることもあって、視点が変化するので、質問をされるのは楽しかった。
今日は、その中でも印象に残っているエピソードをひとつご紹介。
フィンランドの人口は現在約550万人。
当時でも500万人そこそこだったと思う。
対して……日本の人口は、ご存知の通り!
フィンランドの国土は日本を一回り小さくしたくらいとよく例えられる。
その広さの中に、東京の半分くらいの人しかいない……。
それは、つまり、そういうこと!
森と湖の国!北の方に行けば人よりもトナカイが多い国!

ある日、ホームステイ中に出会ったおじいさんに、日本の人口を教え、自分が東京から来たことを伝えたときにこう言われた。
真剣なまなざしで、低い声で、さも大事なことを確認するように、
「日本人は1人になることがあるのかい?」
ズーン!と脳天までしびれるような衝撃が走ったのを覚えている。
1人?ひとりになるって、何?そんなこと考えたこともなかった。

東京って(←主語が大きいのはご容赦あれ)、深夜3時でも外では人とすれ違わずにいられない。

その後、フィンランド人と過ごしていくうちにこの言葉の奥深さがより分かるようになった。それは自然が身近にあり、サウナコテージを当たり前のように持つ彼らのライフスタイルが東京からきた私とは大きく違ったから。
フィンランドに行くたびに、自然の中に身を置くことを第一のプライオリティとしている私は、それがどんな観光やショッピングよりもフィンランドらしいと感じるからで、この質問をしてくれたおじいさんのことは、今でもよく思い出す。

私は今でも考える。「1人になる時間」の必要性について。


イラスト担当megu.megoより一言<megu.mego>
自宅ネイルサロンをやってます。
北欧テイストも得意なので、ぜひインスタフォローしてください。


【フィンランドについて不定期に発信中!!】

「フィンランド好きな方・行ってみたい方」、「フィンランド料理・モルックに興味がある方」、「こども料理教室」についても更新していきます!宜しければ、お付き合いくださいませ。