about mölkky

▶フィンランド発祥!
諸説あります。
似たようなゲームは他国にもありますが、「モルック」と名付け、ルールを確定し、公式世界大会(毎年8月)を開催しているのはフィンランドです。

▶森やコテージでの暇つぶし?!
モルックは数字の書かれた白樺の木を使って遊びます。
多くのサウナコテージを保有し、森と湖の国と呼ばれるフィンランドで生まれたのも納得です。

▶バリアフリー!
足し算ができるお子様から、お年寄りまで一緒にプレイでき、男女差もでにくい遊びです。
また、車いすの方も世界大会で同チームで戦います。まさにバリアフリーにプレイできます。


▶スケジュール
仙台では月1回くらい(冬季お休み)練習会を開催しています。
東京大会は毎年5月。世界大会は毎年8月、日本大会は毎年10月頃開催されます。
※その他各地でのイベント詳細は日本モルック協会のHPをご確認下さい。

▶メルマガ

日本モルック協会 宮城支部(もりもり杜ック仙台)の情報を受け取りたい方は、コチラから!

▶ルール
・スキットルと呼ばれる、1~12のナンバーがかかれた木の棒を所定のポジションに立てます。
・3~4メートル離れた場所から、モルックと呼ばれる木の棒を投げます。
(投げ方のフォームに決まりはありません)
・スキットルが倒れます。
 →1本だけ倒れた場合は書かれた数字が得点。
 →2本以上が倒れた場合は、倒れた本数が得点。
・スキットルは倒れた場所で起こします。
 (土につかない、他のスキットルなどと重なったものはカウントされません)
・得点を積み重ねて、50点ぴったりでアガリです。
・50点を超えると25点に戻ります。
・モルックを投げて、1本も倒せない”アウト”を3投続けてした人(チーム)は失格となります。

その他、細かいルールもありますが、それは是非一緒にプレイして覚えてください。
足し算ができれば、お子様でもその場ですぐに覚えられるくらい簡単です♪
詳細は日本モルック協会のHPをご参照ください。
https://www.molkky.jp/



▶世界大会
毎年8月中旬(お盆の頃)に世界大会が行われ、各国から選手が集まります。
日本チームも毎年参加しています。私たち夫婦も日本代表経験者です。
各加盟国の持ち回りで大会が行われ、3年に1回は本国フィンランドで開催。


【あなたも、ぜひ日本代表に!!】
実は、日本代表になる基本条件は以下です。
■モルックのルールを知っている。
■大会時期に会場国に行ける。

こんな簡単に「代表入り」できるチャンスはなかなかありません(笑)
過去には前日に”初めて”モルックをやった日本人の方も一緒に世界大会に出場しました。
大会はとてもアットホームな雰囲気で、ヨーロッパの参加が多い中、
アジアから参加する日本選手は歓迎され、楽しい国際交流が展開されます。
あなたも是非、モルックを始めて世界を目指しませんか?


▶日本大会
毎年5月頃に「東京大会」、10月頃には「日本大会」が開催されます。
特に2014年の日本大会にはフィンランド、チェコなどからの参加もあり、決勝は大変白熱しました!
世界のレベルを日本で体感した良い機会となりました。
フィンランドに行くのは難しいけれど…東京なら目指せる!いう方の参加をお待ちしております。


▶日本の現状
日本では徐々に競技人口が増えています。
各地方の情報は日本モルック協会のページで集約されます。
https://www.facebook.com/japanmolkky/
https://molkky.jp/

日本全国でモルックを楽しんでいる方は増えています!
ぜひお近くの団体にお問い合わせください。
また情報が必要な場合は日本モルック協会にお気軽にお問い合わせください。
2015年2月には仙台支部も起ち上がりました。